2011年06月29日

和紙の里・美濃から届いた「和紙の耳」人気です。

手漉き和紙ですと、ほとんどの紙に耳と呼ばれる、ケバケバしたのが四方についてます。
これがある事にこだわる人もいます。

ただ、表装は難しい面もあります。それはさておき、どうしても四方の耳を裁断する
商品もあり、それを今回、「和紙の耳」として紙匠雅に届きました。

011.JPG


入荷したのは、麻紙と雁皮紙でしたが、圧倒的に麻紙が出ました。
麻紙の表情は面白く、書いてもよし、いろいろ用途があるようです。
贈り物の紐にしている人も居ります。

店頭にて、道行く人に大きな耳を見せていますので、一度見て下さい。

今日は暑かったので、可哀想と思ったのか!?

昼食から戻ったら、帽子がかぶせてありました。日本製の良い帽子なんで、調べたら
近所の帽子の老舗・林さんの若旦那がかぶせて行ったようです。

私も最近は、頭の毛が少なくなったので、帽子をかぶっています。
もちろん、林さんとこの帽子で、自分では気にいっております。

005.JPG



posted by 和紙大好き会 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

うど和紙を届けに、本間千絵さんがやって来た。

うど和紙が足りなくなって、本間千絵さんに頼んで来てもらいました。

従来は、三椏中心の和紙でしたが、今回から楮との割合を6:4と5:5に
してみました。書き味が若干変わって楽しめます。

好評の名刺は、手間がかかりますが、価格的に買いやすく売れてます。

うど和紙・便箋セットも人気です。うど和紙を漉いて便箋を作り、さらに
封筒まで自分でやる、紙漉き人って大変ですネ!!
外注に出したら、儲けが出ないしね!!

女性らしい、きめ細やかな仕事で、安心して売れます。
さすが「うど和紙」の話をしたら、独活を買って帰り、翌週「うど和紙」を
持ってきた人です。

本気で「うど和紙」を作る人が居る!?
問題はうどの皮をどうするかでした!?

ここは、時々食事に行くようになった、うどラーメンの中国料理・五十番の
高橋社長に相談し、ここに「うど和紙」が誕生しました。

独活の皮(五十番)=>うど和紙(本間千絵)=>企画・販売(紙匠 雅)

五十番では、うど和紙はがき5枚セットのみ 750円で販売しています。


4月から販売を始めて、ネット新聞、ラジオ、地元紙、商工会などで紹介され、
今度は、
    7月4日(月)にテレビ朝日「ちい散歩」で紹介されます。
     午前9時55分から10時30分迄

017.JPG

posted by 和紙大好き会 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月27日

伝統に挑む!!老若トリオの絆

25日は、紙漉きの師匠・田村正指導の紙漉き体験でした。天気予報は雨!?
夜中の2時に目が覚めてしまった。外は大降りの雨の音、、、雨の中での
紙漉きを想定しながら、眠りに入った。

朝目が覚めると予想外に、晴れててホッとする!!

紙漉き体験15回目の木村さんと、初参加の中村さんは都内からの参加!!
二人とも60代の元気なおじさんである。一方、中学3年生の坂東君は
和紙好きな少年で、メモを取りながらの参加です。

003.JPG

ベテランの木村さんは、大判はがきに折り紙を挟んで漉いています。
新人二人は基本から、熱心に取り組んでいました。

004.JPG


006.JPG

今日は、スタッフが休みだったので、販売の合間に時にはお客さんを置いて、
写真を、、、。途中雷も鳴ったり、不安もありましたが無事終了しました。
皆さん、お疲れさまでした。

016.JPG
posted by 和紙大好き会 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記