2010年12月14日

和紙「大好き姉ちゃん!」が、岩手からやって来た。

遠く岩手は宮古市からやって来た「栗坊」こと栗橋くみ子さん。和紙に取り組むその姿には感動モノでした。前日の夕方、店に顔を出し、12日(日)も一番乗りでした。
二番目は、何と子連れでの参加でした。お孫さんでした。三番目は、来ない・・・・!?
自宅に電話すると居りました。腰を痛めたとの事です??連絡くれない人居るんですネ!電話で厳しく言いましたが、今回は、キャンセル待ちの人いたんです。もったいない・・。
001.JPG

002.JPG

003.JPG

004.JPG

006.JPG

007.JPG

今回、岩手から参加の栗橋さんは、宮古市の公民館に勤務しています。昨年8月に、田村師匠が北海道まで車で「紙漉き出前」の途中、立ち寄り体験指導しました。その時体験の世話人をしていたそうです。その時の様子を漫画にしていて見せてくれました。後日、一部紹介します。
翌日は、あきるの市の「ふるさと工房」でも、みっちり紙を漉いて岩手に帰って行きました。
posted by 和紙大好き会 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42093237

この記事へのトラックバック